<勉強になった内容メモ>

・ドメスティック:家庭的であるさま

・パースペクティブ:本人が認識できる世界

・選択肢が増えるということは、脳の構造上、ストレスになる

・強みを見つける最大の近道は、社会とのやり取りで気持ちよかった文脈(自分が好きなことをしている文脈)
自分が好きなことを動詞にする

・コンピテンシー:基礎能力

・「伝え方(WHO)」よりも「中身(WHAT:何を伝えるか)」こそが遥かに重要な意味を持つ

・戦略あるキャリアの方が戦略なきキャリアよりも遥かに高く飛べる

<感想>
今、自分がやっていることが書かれていたりして、共感しながら読むことができました。
会社では、自分の弱みを克服する場所ではない。克服するために仕事をして、それに賃金を払うのではなく、自分の強みを生かして成果を最大化できるようにした方が、断然いいことを再認識しました。
私自身、自分の強み、楽しくできることを考えることが苦手なので、もう一度考えてみようと思いました。